MENU

チャップアップの魔法の成分とは?

市販の育毛剤として人気のある「チャップアップ」は自然素材を原料にしています。”自然の原料”と聞くと、昔の「海藻がハゲに効く」などといった迷信を連想してしまいますが、最近の育毛剤はまったくおもむきが違います。

 

今や「脱毛症の原因」はほぼ解明されています。チャップアップは、科学的な根拠にのっとった有効成分を天然の植物から抽出していますので、しかりとした論理の裏付けがあるのです。

 

チャップアップの薄毛の原因から見た有効成分を見てみましょう。

 

血流改善効果のある成分

血管拡張剤であるミノキシジルの発毛効果の発見から、薄毛対策には「血流改善」が大切であることが知られています。副作用の心配のない自然の成分で、血液の循環を向上させる成分です。

・ジフェンヒドラミンHC
・センブリエキス
・オウゴンエキス
・ジオウエキス

 


センブリは自然素材の中で育毛効果が最も期待されている植物です。血流の改善効果と毛母細胞の細胞分裂を促す作用があり、チャップアップの主成分の一つとして配合されています。

 

5α-リダクターゼの抑制

・オウゴンエキス
・チョウジエキス
・ヒオウギエキスなど

男性型脱毛症(AGA)の原因は、テストステロンが脱毛原因であるジヒドロストロンに変異をしてしまうことです。その際に大きく関係している酵
素が「5α-リダクターゼ」です。この酵素のはたらきを阻止する成分が次のものになります。

 

頭皮環境を改善する

・グリチルリチン酸
・アルニカエキス
・オドリコソウエキス
・オランダカラシエキス
・ドクダミエキスなど

髪の発育には健康な頭皮が不可欠です。毛穴が詰まったり、乾燥や炎症があると、髪の発育が不十分になり育毛もうまくいきません。これらの症状を改善する発毛補助成分もチャップアップには多く配合されています。

髪の原料である13種類のアミノ酸

・システイン
・タウリン
・アルギニン
・その他


 

薄毛の直接原因と頭皮環境の悪化に対処しても、肝心の髪の成分である「アミノ酸」が十分に体内にないと、髪の発育はうまくいきません
現代人の食生活の乱れも薄毛の要因のひとつなのです。チャップアップは13種類の必要なアミノ酸を補給します。

 

薄毛の原因は一つではなく、性ホルモン・血流・頭皮環境・食生活など、成分と原因がうまく合わなければ育毛効果も期待できません。チャップアップのような人気の高い育毛剤には、多面的に脱毛原因にアプローチするものが多く、使用者の幅を広げています。

 

まとめ

自然の原料から抽出したものを過度に化学的に精製しないことで、一つの原料から複数の薬効が見られるのも市販育毛剤の特徴です。「センブリ」は現在注目されている植物であり、血流改善効果だけでなく、細胞分裂を助けるはたらき、そして保湿効果などもあり、副作用の心配がないことから多くの育毛剤に配合されている成分です。