MENU

薄毛の原因の中に、男性ホルモンが関係しているという話があるのは有名ですが実際のところどんな作用があるかなんてのは御存じですか?意外にどういう風になっているのかわからないという方も多いでしょう。

 

そこで、ちょっとその因果関係を見せていきたいと思います。

 

1)男性ホルモンが変化したときのものがその原因

男性ホルモンは実はタンパク質の合成や体毛の成長などを引き起こすものであり、薄毛とは真逆では?と思ってしまうような作用があります。ですが髪の毛ンはそうでないことがあります。

 

男性ホルモンは、ジヒロテストステロンという名のものに変化したときに、それが起こります。ジヒロテストロンは髪の毛の成長の司令塔である毛母細胞に対して、攻撃的なことをすることによってなんと毛母細胞を傷つけてしまい髪の毛が生えないようにしてしまうのです!

 

本来は成長を助けるものなのになんて恐ろしい事なんでしょうか?ちょっと変化するだけで髪の毛を無くしてしまうのです。

 

2)薄毛にならないように男性ホルモンを減らすべき?

じゃあ薄毛にならないためには、男子ホルモンは減らせばいいのでは?と考えることもあるでしょう。ですがそれはそれで困ります。男性ホルモンは生きていくうえで必要なものであり、減ってしまったらしまったで、記憶力低下や活力の低下、EDなんて置いう弊害も生じてしまいます。

 

薄毛になりたくないからと言って、男性ホルモンを減らしてしまうわけにもいきません。

 

3)肝心なのはジヒトテストステロンにしないこと

ではどうすればいいのか?男性ホルモンをジヒロテストステロンにしないようにすればいいのです。テストステロンと5a還元酵素と言われるものが結合することで、悪玉になってしまうのですが、これらは単体では悪さはしません。

 

結合しないようにする薬もありますので、そういったものを利用しながら髪の毛を守るのがいいと思われます。従来は男性ホルモンそのものが悪いと考えられている面もあったでしょう。しかし、そうでないことが今回分かったと思います。髪の毛を大事にしながら男性ホルモンとも上手に付き合いましょう。