MENU

はげにならない髪にいいこと

年齢を重ねていってしまうとどうしても気になってしまう髪の毛のことでます。遺伝的にはげの家系だからやっぱ何してもはげるんだろうか?仕事をしているとストレスでどんどんはげになっていってしまうのしかないのだろうか?

 

そんなことはありません。髪にいいことをしていけば、ハゲになることはかなりの確率で防げますよ。どんな方法が? それをこれから紹介します。

 

1)頭を洗うには柔らかく揉みこんで、ゆっくりと洗い流す。

まず髪にいいことである方法としては、頭の洗い方にあります。頭を洗う際は爪を立てるようなことをなく、頭皮をもむようにして洗うのが基本です。頭皮を傷つければ頭皮が固くなり、血行が悪くなるので髪の毛に栄養が行きにくくなる原因となります。

 

またもみ込むようにすることで、毛穴の奥の皮脂も落としやすくなります。また、シャワーで頭を洗う際にはゆっくりと時間をかけて洗い流すようにします。これによって頭皮に残ったシャンプーなどをしっかりと洗い流すことになり、毛穴なアドに汚れを残しにくくする効果があります。

 

2) 栄養をしっかりと取る

また、髪の毛にいいものとしては、栄養をしっかりと取ることです。髪の毛は必要な栄養素が足りていれば十分に大きく太い丈夫なものになります。そういった髪になれば抜けにくくなり、はげの侵攻を防ぐことが可能です。

 

髪にいいものとしては主にビタミンB2やB6、亜鉛、たんぱく質といったものを効果的にとることによって髪の毛をより強くすることが出来ます。海藻やアーモンドといったものにこれらの成分がよく含まれていますので、しっかりと取るようにしましょう。

 

3) 生活習慣やストレスをためない

後は、生活習慣を改善しストレスをため込まないようにします。ストレスや生活習慣の悪さはホルモンバランスを刺激します。金悲劇によって男性ホルモンが増加し、毛母細胞が過剰に攻撃されるとが髪の毛がなくなってしまいます。

 

日々の生活を見直しつつ、外れ鵜sがたまらないようにアロマや運動、趣味などによってストレスを取るように心がけましょう。こんな感じで髪にいいことを進めていけば、禿になることがほとんどなくなっていくんじゃないかと思います。

 

是非、将来のためにもどんどん試していってください。