MENU

せっかく買った育毛剤の効果的な使い方とは?

育毛剤を使うだけで髪が生えてくると思っている人はいませんか?せっかく買った育毛剤も、使い方次第で天と地ほどの効果の違いが出て来てしまいます。薄毛対策のために、効果的な育毛剤の使い方を伝授します。これを読めば、きっと数年後に薄毛に悩む可能性が低くなること間違いないでしょう。

 

1)頭皮を清潔にしてから使う

育毛剤を使っても頭皮が汚れていたり、炎症を起こしている状態だと効果が得られません。日々の洗髪で頭皮を健康に保つことが重要です。シャンプーの際には整髪剤を使っていない限り、汚れを落とし、血行を促すために最初にブラッシングを行うようにしましょう。

 

それからぬるま湯で髪を1分ほど洗い流し、シャンプーを手でよく泡立ててから頭皮につけてゴシゴシやらずに指の腹で洗うようにします。すすぎ残しは毛穴汚れの原因となりニオイや抜け毛の元となるので、3分程かけてすすぐようにしましょう。

 

乾燥もタオルでゴシゴシやらずに丁寧に水分を吸い取り、必ずドライヤーで髪を乾かすようにすることがポイントです。自然乾燥では雑菌が繁殖し、頭皮に炎症を起こす原因となるので注意しましょう。

 

2)頭皮が乾燥した状態で使う

 

育毛剤の効果を十分に発揮させるためには、頭皮が乾燥した状態で使うことがポイントになります。育毛トニックは殺菌成分により頭皮を清潔に保ち血行を促進することを主目的にしているので髪が濡れた状態で使う場合があります。

 

しかし、育毛剤は毛根に栄養を与えて発毛を促す成分を含むために、頭皮に浸透させなければ意味がありません。頭皮が濡れたままだとせっかくの成分が流れてしまい、十分に頭皮に浸透させることができないため効果が半減してしまいます。発毛を促進する成分を台無しにしないように、頭皮をドライヤーで乾かした後に髪をかきわけながら頭皮に直に育毛剤をつけるようにしましょう。

 

3)用法や用量を正しく守り、マッサージを取り入れる

 

一度にたくさんの量の育毛剤を使ったり、頻度高く使ってみたところで育毛効果が高まるわけではありません。育毛剤の中にはアルコールなど刺激成分を含むものもあり、かえって抜け毛を招く可能性もあります。

 

きちんと用法や用量を守ると共に、ケアの際にマッサージを取り入れてみましょう。マッサージをすると頭皮の血流が改善され髪に十分な栄養が行き渡るようになり、薄毛に効果を上げることができます。育毛剤をつけた後、指の腹で1分間マッサージすることを習慣にしましょう。

 

まとめ

育毛剤を効果的に使うためには、頭皮を清潔にし、乾燥させてから頭皮に直接つけ、マッサージをすることがポイントとなります。大切な髪を守るためにも、ぜひ育毛剤の効果的な使い方をマスターし、日々のケアを続けるようにしましょう。