MENU

育毛トニックと育毛剤では髪を生やすにはどっちがいいの?

育毛トニックと育毛剤、よく似た名前の物が2種類ありますが、育毛のことを本気で考えた場合にどちらを選べばよいのでしょうか?どちらも育毛と付くからと言って、安易に選ぶのは大間違いです。

 

実は育毛トニックと育毛剤は値段も違えば、効果も格段の差があります。せっかく薄毛ケアをするのであれば誰しも効果を上げたいはずです。育毛トニックと育毛剤の違いを知って、薄毛対策に役立てましょう。

 

1)育毛トニックとは

育毛トニックには薬事法で化粧品あるいは医薬部外品に分類されるものがあります。いわゆるヘアトニックのことを指し、育毛、すなわち髪を育てるための頭皮環境を整えることが目的です。育毛トニックの主成分は水とアルコールです。

 

もともと皮脂分泌が過剰気味の人がアルコールで頭皮をさっぱりとさせて清潔に保ったり、マッサージケアを取り入れることで血行が良くなり抜け毛を予防する効果は期待できます。ただし、発毛に有効な成分は配合されていない上、頭皮の状態によってはアルコールにかぶれたり、乾燥を招くことで抜け毛を助長する場合もあります。

 

2)育毛剤とは

育毛剤には医薬部外品が大半を占め、医薬品に分類されるものまで含まれます。育毛剤は頭皮環境を整えて抜け毛を予防するだけでなく、血行を促進し、毛根に栄養を与えて発毛をサポートする働きがあります。

 

発毛を促す成分も含むので育毛のための商品と言えます。医薬部外品の育毛剤は医薬品と比べると大きな効果や即効性はないものの、副作用も少なく緩やかに薄毛を改善する効果があります。育毛剤には発毛効果で注目され副作用も報告されるミノキシジル配合のものから、頭皮環境を整えることを主眼に優しい天然由来成分でできた育毛剤まで幅広くあります。

 

3)育毛のために選ぶのであればどっちがよい?

育毛トニックと育毛剤の2つを比べた場合に、髪を生やすことを目的とするのであれば育毛剤の方がメリットがあります。ただ、めまいや動悸、性欲減退などの副作用が出るリスクも高くなります。

 

対する育毛トニックは値段も手頃で、もともと脂性肌で頭皮に皮脂が多く血行不良が原因で抜け毛が増えた人、あるいは将来の抜け毛が心配で今から抜け毛対策を行いたい肌が丈夫な人にはおすすめの商品です。それぞれ一長一短があるので自分が何を目的とし、頭皮環境がどのような状態であるかを見極めた上で選ぶことが大切です。

 

まとめ

育毛トニックと育毛剤では、髪を育てることを育毛と考えるなら育毛剤を選ぶ方がベターです。とは言え、育毛剤は副作用のリスクも高まります。効果をどの程度期待するのか見極め、自分の頭皮状態と照らし合わせてから選ぶようにしましょう。