MENU

ミノキシジルってどんな薬なんですか?

ミノキシジルという薬剤の名前を聞いたことはないでしょうか。男性型脱毛症(AGA)におびえている人にとっては、なじみのある名前かもしれません。ミノキシジルはどういう経緯で開発され、どういう効果や副作用があるのかについて説明していきましょう。

 

ミノキシジルの歴史

そもそもミノキシジルは発毛剤として開発されたわけではありません。本来は高血圧患者を血管拡張剤も用い、血圧を下げるため1960年代に開発された内服薬なのです。

 

その薬を塗布することで発毛効果があることが発見されたのは、10年以上たってからのことなのです。80年代の米国で、このミノキシジルを2%含む「ロゲイン」が発売され、現在も米国の薬品会社によって販売されています。

 

ミノキシジルの効果

ミノキシジルを含む発毛剤としては「リアップ」がよく知られています。市販されている発毛剤の中では唯一、販売に当たって薬剤師の立ち会いが必要になる「第一類医薬品」となっています。逆にいえばそれだけの発毛効果が期待できるということになります。頭皮の血管を拡張することで、血行の悪化で小さくなっていた髪の根元の部分(毛包)を活性化させ、頭髪をよみがえらせる効果があります。

 

また、脱毛を抑えたり、実際にハゲてしまう前に脱毛を予防したりする効果もあります。父や祖父がハゲているなど遺伝的にAGAになる可能性が高い人にとっては、ハゲる前に使用してAGA予防ができるわけですから、画期的な効果だと言ってしまっていいかもしれません。

 

ミノキシジルの副作用

とはいえ、第一種医薬品に指定されるほど効果のある薬剤ですから、副作用もあります。リアップの取扱説明書にも書かれているくらいですから、公式に認めているといっていいでしょう。説明書によると、まず高い確率で起きる副作用は頭皮のかぶれや湿疹です。症状が重い場合や繰り返し起きる場合には、医師に相談すべきだと書かれています。

 

また、高血圧や低血圧の人が使用すると悪影響があることも分かっており、実際に動悸やめまいなどが起きた臨床例も報告されています。これについても「使用前の医師への相談が必要」との記述があります。腎臓に負担がかかる可能性があることも説明書には書かれています。

 

そして、女性がミノキシジルを使用すると薬剤成分が母乳に混じることも分かっています。小さい子供がいる家庭では、使用は厳禁だと考えていいかもしれませんね。ミノキシジルの効果については厚生労働省や米食品医薬品局(FDA)も認めていますが、上記のような副作用があることは心しておきましょう。また、使用を中止するとせっかく生えてきた髪が元に戻ってしまうことも分かっていますので、気長に使うようにしましょう。